2012年09月29日

u2 forever

V e r t i g o
2010年のツアーのパフォーマンス








三姉妹でU2観るのが大好きだったね
u2 forever

でも
ぱ〜ちゃん…‥



揺れるハート黒ハート揺れるハート



揺れるハート黒ハート揺れるハート


モバペ|ペット人気ブログランキング

揺れるハート黒ハート揺れるハート


ペットの為のお薬検索や全国の動物病院など
お役立ち情報満載のサイトです

揺れるハート黒ハート揺れるハート

ぽちmini.JPG

犬(足)
ぽち宜しくでつ

ニックネーム ブルースター at 09:59| Comment(0) | ☆ありがとうぱ〜ちゃん☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

すくすく育っています豆の赤ちゃん!

豆モニっこ1.jpeg

ボク頑張ったんだ!Click→猫(足)
の頑張った結果
可愛い元気な3男に恵まれました
揺れるハートわーい(嬉しい顔)揺れるハート

豆モニっこ2.jpeg

豆モニっこ3.jpeg

猫(足)Sire Pedigree揺れるハート猫(足)Dam Pedigree

この子達はロシアンブルーを愛する思いを一つに
優しい思いが一つになって
恵まれた命だと心から思います

ロシアンブルーを愛する3人のブリーダー達の優しさやと思いやり
そしてパパになった豆くんとの交配を心良く承諾して下さった
豆くんを心から愛して下さっている
ご家族の私への思いやり

私はブリーダーである以前に




















豆くんの母猫をあまりにも突然
妊娠中毒症で亡くして
現実を直視出来なくて涙も出なかった

私は気丈な人だと
オーナーさんにもよく言われるけれど
本質は全然そんな事はありません
全然立ち直れていません‥‥

もう起きて下さい!Click→猫(足)
この記事をUPした頃から
やっと眠っている様に私の傍らにいるぱーちゃんが
起きない‥‥現実を受け止めはじめて

揺れるハート
コメントを頂いていたのに
お返しもしていなかった
今改めてこの記事を開いて気がつきました
暖かいコメントを下さった皆様ありがとうございました
この場を借りてお礼申し上げます
揺れるハート

本当の事を言って
その当時どうかしていました…‥
現実を受け止められないまま
精神的にはギリギリ
肉体的には12月当初から始った生まれた次の日からの人口授乳の4兄弟
命を終わろうとしていた老猫の看病インシュリンの注射や輸液
交配でお預かりしていた大好きな晶ちゃんパパさん
そんなさなかの
まさかのアキレス腱断絶の大怪我をしてしまいました
東日本大震災のさなかでの手術
歩けないのに世の中は大混乱になっていてドライフードも買えない…‥
晶ちゃんの帝王切開での出産

今も癒えないぱーちゃんへの憶いは続いています
ブログでは猫親戚さまへのご報告の為にも記事にしましたけれど
その記事が目に触れる事が今も辛いです

記事を見た豆くんのママさんから私にお悔やみのメールを頂きました

豆はまだ去勢していません息子ですね
ぱーちゃんにとっても似ていると思います…‥

豆くん.jpg

頂いていたお写真を改めて拝見する
子猫の頃から母猫の後腹の弟のまーくんに似ていた子でしたが
まーくんにも面影はありましたが
遥かに亡きぱーちゃんの良いところを受けついだ子がそこに居ました

豆くんを愛して下さりその母のぱーちゃんを愛して下さり
私をお気遣い下さった豆くんのご家族に励まされて
ぱーちゃんの子を良い形で残していなかったのだから
繋げて行こうっと前向きになれた瞬間でした
豆くんをお借りする事を決めたのでした…‥

たくさんの繁殖計画を考えました

もしや私の好みのタイプの選択交配が
隔世遺伝の形で弱い個体を繋げているのかもしれないと疑いました
何故なら最愛の娘ピーちゃんは、ぱーちゃんの祖母です
とても雰囲気の似ている子でした
美しいピーちゃんの祖母さまも‥‥

一度その血統を離した方が安全です
今後の繁殖計画に良い形で繋げられると考えました
しかし
ピリンの祖母から受け継いでいる淡いコートカラーと
鼻面の長くならないヘッドタイプでありながら
真っすぐな鼻筋
鼻が長くなる事は自然の摂理ですから長くなりがちです
短くなると鼻筋は曲りがち
ここの所はかなりジレンマです
出来れば華やかなグリーンの瞳の色も継承させたいけれど
これは半分の確率です
不健康な血統を継承させない為にはこの項目は
次の交配で完成させる事が安全策
それからイヤーセット

まだ瞳の色は解らないけれど
ヘッドタイプは大丈夫だと思います
コートカラーは受け継いでいると思います
まだ小さい赤ちゃんの時に触った羊毛の様なコートはその系統です
頭頂部のドーミングをみると
期待していなかったイヤーセットも
あながち悪くなさそうです

繁殖計画を考える時に先祖で重複する猫の配分を考えながら
欲しい表現型を出しつつも健康的な配分でと
いつも考えます…‥
モニちゃんのお相手としても豆の相手として適役だった
モニちゃんのブリーダーさんも大切なモニちゃんのお腹を
痛めて下さる事に承諾して下さった
そして一度はオーナーになったモニちゃんの譲渡先のブリーダーさんも
モニちゃんの身体に負担の無い様に一度だけと言う事で
承諾してくださったから
実現しました

モニちゃんは一度はお嫁にいった子です
キツンでショーを走ってリジョーナルウイナーを達成しました
地方にも遠征してグランドチャンピオンにもなりました
そしてお嫁に行った先でも可愛い子達に恵まれました
お産も何度か経験していましたから
(何を隠そう我が家のしろみのママさんです)
先ずは身体を休めて万全にお産に望める様に静養して…‥
本来ならお里に帰る頃には引退すべき年齢でした
そこを押しての繁殖計画

たくさんのハードルを乗り越えて
授かった3つの命なのです

モにちゃんは高齢出産でもあり体調も万全ではなかったので
本当に大丈夫かと心配でしたが
何事もなく子供達も五体満足で元気に生まれ健やかに育っています
よかったです本当に良かった
猫の神様がお守り下さったのかな

虹の橋のモニちゃんのママさんもピーちゃんもぱーちゃんも
守ってくれたのかな







今回は豆くんをお借りする事となりましたが
豆ママさんだけではなく
猫親戚さま皆様
私へのお心遣いを沢山頂戴いたしました

ありがとうございました
四葉

お ま け

嬉しい子猫の話題がちょっぴりしめっぽくなってしまったので…‥
豆くんこんなトコも母ぱ〜ちゃん似です

ヘビぱー.jpeg

私が以前にUpしたこの記事
あまりにも低レベルな。。。あそびClick→猫(足)

豆ママさんより
こんなメールも頂いていていました…‥
血統ですかね…‥という件名でした

以下
豆ママさんより頂いたメールです
あまりにも名文だったのでそのまま引用させて下さい


こんばんは^^

どうしてもお知らせしたくてメールしました。
先日のブログを見させて頂いたとき、あの蛇の!舌の!!(笑
あとで豆にやろう!と密かに思ってたんです・・・
なるほど、なるほど…‥顔(チラッ)

それで、すっかりくつろいでる豆の鼻の穴を狙い〜・・・
そしたらどーですか!!
うんうん‥‥顔(イヒヒ)

豆さん、まんざらイヤでもない様子!
思わず爆笑してしまいました。

イヤとかなんとかよりも・・・むしろ自分から鼻を
差し出してるような(-_-;)
自分から鼻の穴を合わせてきてるような(-_-;)

それは正しくSoul Loveお笑い系血統です…‥顔(笑)

ほんとにジャストサイズですよね。
わたしも「おばかな遊び」に興じてしまいました(反省)
反省なんで無用です…‥顔(笑)


ヘビ豆.jpeg

ヘビ豆2.jpeg

心行くまで爆笑してくださいませ
笑いの絶えない家族は幸せです最高です
私の繁殖するロシアンはお迎え下さったご家族へ
幸せな笑顔を運ぶ指名があるのですから
本望でございます

揺れるハートわーい(嬉しい顔)揺れるハート



揺れるハート黒ハート揺れるハート



揺れるハート黒ハート揺れるハート


モバペ|ペット人気ブログランキング

揺れるハート黒ハート揺れるハート


ペットの為のお薬検索や全国の動物病院など
お役立ち情報満載のサイトです

揺れるハート黒ハート揺れるハート

ぽちmini.JPG

犬(足)
ぽち宜しくでつ

ニックネーム ブルースター at 18:39| Comment(0) | ☆ありがとうぱ〜ちゃん☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

☆虹の橋から猫親戚さんへ☆

かわいい

ぱ〜ちゃんが急死した時、ロブが天に召された時
ブログに頂戴したお心のこもったコメント
メールやお花を頂戴した猫親戚さん
ありがとうございます


愛娘を愛息子を亡くした悲しみに一人悲しむ事よりも
何故亡くなったのか
何故ぱ〜ちゃんはこんなに早く突然に逝ってしまったのか?
血が繋がった子孫をお迎え下さった
猫親戚さんにお知らせしするのはブリーダーとしての義務ですね
駆け足で逝ってしまったぱ〜ちゃんの分までその
子孫には長生きして欲しいから
私の様な悲しみ後悔を猫親戚さんには味わって欲しくないから
ロブは血統的に違います
ロブの事も記事に記載していますのでご覧下さい



ぱ〜ちゃんは亡くなる前の2月22日は問題なかったのです
妊娠45日でした
妊娠していれば妊娠48日のその娘クミコの妊娠判定に
一緒に連れて行こうとしても逃げて行って
捕まらないのでクミコだけ連れて行ったのです

ぱ〜ちゃんは捕まらなくて連れてこなかったのだけど…‥
獣医さんに伺っても45日目ではまだはっきりレントゲンに写らないので
50日前後の来週来た方が無難ですと言われたので
そのつもりで居ました

次の日の23日は毎年の動物取り締まり管理者のセミナーで家を空けました
出かける前と帰って来た時にチェックしましたが
私も疲れていたのでしょう
ぱ〜ちゃんの異変に気がつかなかった
この日いつもの様に家に居たなら私は気がついたかもしれません

後悔するのはこの日か
あるいは前日の22日に妊娠判定にクミコと一緒に
獣医に連れて行っていたら!!!


そして24日の昼過ぎ何時もの様に皆の世話を始めると
ぱ〜ちゃんの様子が。。。。。。

その後は前の記事の通りです

獣医さんがおっしゃるには急性腎不全により腎臓が壊れてしまって
もう手の施しようがない
このまま血管からの輸液で腎臓の機能が少しでも戻れば
助かるかもしれないが。。。。。

ぱ〜ちゃんは2010年3月2日に安産で
豆くん&こはるちゃん&マハロくん生んでいます
その後仔猫達のワクチン1回目の5月に一緒に来院して
血液検査も受けて問題ない数値の結果を確認していました
多少腎臓の数値は高かったのですが
産後の数値と年齢を考慮して問題ない数値でした

それなのに何故?

妊娠中期になると赤ちゃん達も沢山の老廃物を出します
胎児が大きくなればなる程に母体の腎臓もフル稼働になります
急性腎不全の原因は妊娠中毒症を起した事が考えられる

今まで何事もなかったのに何故?

引き金となったと考えられる理由は餌が変わった事。。。。
体重コントロールのライトを半分いつもの
猫(足)ペルシャ チンチラ ヒマラヤン キトンに混ぜて与えていました

エサライト
理想的なカロリー制限と満足のいく食事を同時に実現
猫(足)Clik to Jump 商品ページ
猫(足)Click to Jump 成分表

下記の成分表を見て頂いても解る様に子猫用の餌だとしてもタンパク質30です
猫(足)Click to Jumpペルシャ チンチラ ヒマラヤン キトン 成分表

腎臓をケアーする為には良質のタンパク質を
生命を維持出来る最小限の量を接種する事です


妊娠している時には確かに胎児の成長も考慮に入れなくてはなりません
ブリーダーに販売しているその為の餌もあります猫(足)妊娠猫用クイーン34
であったとして猫が吸収できるタンパク質の量は32に設定してあります

筋肉質なボディをキープする様に筋肉量を増加する為にタンパク質量を多くした餌が
ライトですやはり餌が引き金になった事は否定出来ない様に思います

胎児の老廃物と必要以上のタンパク質
妊娠中は母体は疲れます
何十苦にもなって
血統的にも腎臓が強くは無い
ぱ〜ちゃんの腎臓を酷使してしまった事が
妊娠中毒症の引き金になった。。。。。。

受け継がれた遺伝

膀胱炎になると炎症性の老廃物が膀胱内に出来て
それが核にタンパク質を消化吸収した後の老廃物である
尿結晶が付着して結石になり尿道を通らなくなり
尿結石症になる事があります
この状態を繰り返すと尿結石用の塩分を高めて喉が渇く様に設定して
尿量を増やすコントロールした結石ケアーの餌を食べさせなければいけません
この餌は腎臓にとても負担がかかります
早く腎臓を悪くする事にも繋がります

Soul Love Russians も含めてロシアンブルーは結石症になりやすい傾向にあり
腎臓も強い猫種ではありません純血種である以上は
全ての猫種にその懸念はぬぐい去れません

ぱ〜ちゃんが短命だった事を教訓にするなら
その祖母ピリンも4歳で妊娠中毒症からの腎不全を起しました
そのピリンの父方の祖母も同じ経過をたどりました
ピリンのおば〜様はとても美しいロシアンブルーでした
ピリンの中にもその孫のぱ〜ちゃんにも私はこの美しかったおば〜様の面影を
追っていたのかもしれません
より似た子を我が家に残し母猫に選択交配していたのです
似ていたという事はその弱い体質も似ていた

無意識に美しさと一緒におば〜様の弱さも
継承させていまったのかもしれません
たぶん、、、、、そうです
だとすると他の猫よりも弱いかもしれない事を念頭に置いて
2つしかない小さな腎臓を守ってあけて欲しい
美しかったおば〜様の分、ピリンの分、ぱ〜ちゃんの分まで
その子孫には長生きして欲しい!

ブリーダーとしての力不足でありキャッテリィーの酷評にもつながる
この様な事は表沙汰にしない方が無難でしょう
(特に国内では)

でも私は、、、、、
ピリンを失って立ち直れないまま
ぱ〜ちゃんを失いました
悲しくて悲しくて。。。。。

私の息子や娘をご家族に迎えて下さった
猫親戚さんにはこんな悲しみを味わって欲しくない!
Soul Love Russians は飽くまでもお笑い系で
猫親戚さんに愛と幸せを運ぶ事が指名なのですから

だから
あえて記事にしました
SouLoveRussiansをお迎え下さった猫親戚さんにお伝え致します
どうかこの事実を念頭において
ピリンとその祖母様ぱ〜ちゃんの分まで
健やかにより良いCatsLifeを過ごし
長生きさせてあげて欲しいのです
どうか宜しくお願い致します


もちろん大丈夫です!

適切な飼育管理と環境=愛情の籠った毎日の観察眼
適切な餌と水と定期的な健康診断(血液検査)
などの基本的な管理で大丈夫なのです
だから。。。。。
あんまり神経質になったり心配しないで下さいね
ピリンの同腹の弟のアックンは今年の6月13日で10歳ですが
とっても元気なおいちゃんです
他の巣立った子達もピリンの後腹の弟のノエルと父兄弟のベルくんも
今年7歳になりますが今まで何事も無く元気です
ノエルとベルの父のルルたんも今年14歳ですがまだまだ大丈夫!

もう一つの注意事項

特に女の子がヒート(盛り)を繰り返すと
ピリンやぱ〜ちゃんの様に消耗して腎臓を壊す可能性が高まります
女の子は適齢期になったら
(6ヶ月齢=体重が麻酔に耐えられる2.5キロ以上になったら)速やかに避妊手術を受ける


女の子は母猫のお腹で受胎した時から女の子です
体内時計で定期的にヒート(盛り)が来ます交配出来なければ
それを何度も繰り返します=これはストレスであり消耗します
我が家のピリンやぱ〜ちゃんの血統の子は
母猫になりたい気持ちが大きい子でヒートが強いのです
とても身体に負担がかかる事なのです

ピリンやぱ〜ちゃんの短命の理由の中に遺伝的な体質で
ヒートが強いという事こちらも入って入ると思います

これはブリーダーではないのなら
適齢期に避妊手術を速やかに受けさせてあげる事でリスクが減ります


男の子の去勢手術は

将来腎臓に負担の掛からない餌を食べ続けられる様に1歳〜1歳半齢(待てるようなら1歳半)
で去勢手術を受けてください
身体が大人の身体に成長してからの去勢手術をして下さい
タンパク老廃物である結晶が尿道に引っかからない様に
仮令結石になっても処置もスムーズです
雄猫の生殖器が大人の大きさに出来上がってからです
この事は腎臓のケアーにも繋がります

結石ケアーの処方食を食べさせない事は
腎臓を悪くするリスクも減ります

かわいい

虹の橋からの届いた言付け
ドライフードの置き餌は


身体的に何事も無ければ
センシブルを与える事が一番適している
避妊した女の子&男の子達(去勢した子も含めて)
上は14歳まで何事もなくこの餌1本で現在に至っています
SoulLoveRussians + 雑種 チビタン&縞ともに14歳

便秘&軟便しやすい

純血種は何もかも弱くて(と思っていた方が長生きさせる秘訣)
餌をコロコロ変えると腸内バランスを整える事がままならなくなって
軟便になったり便秘になったりしやすい

腸内のバランスを整えて
消化吸収率を万全にする事は健康の源です


私も色々よかれと思って試してみましたが
結局センシブルに落ち着くのです
きっと我が家の子達に合っているのでしょう

エサセンシブル(猫が吸収出来るタンパク質31)
おなかがデリケートな猫の、消化能力をポートする食事です
猫(足)Click to Jump 商品ページ
猫(足)Click to Jump 成分表


7歳以上になったら
この餌に
腎臓の数値でもう少し早くからでもいいですが
美味しくないので半分混ぜても良いです
エサインドアマチュア(猫が消化吸収出来るタンパク質25)
猫(足)Click to Jump 商品ページ
猫(足)Click to Jump 成分表

腎臓の数値が怪訝されたら
エサアニモンダ インテグラシリーズ 腎臓ケアーのニーレン各種
猫(足)Click to Jump 商品ページ
猫(足)Click to Jump 成分表
商品ページで各商品の『詳細ページへ』で
成分表は全て確認出来ます


くすり
注射
くすり

落とし穴だったロブの事

ロブは我が家の血統背景の中で思い込んでいたいた事が
治療を始めるのを遅らせてしまった原因だったかもしれません

沢山お水を飲む事と沢山ん尿が出る事
ここは腎臓を悪くした子と同じ症状でした

違っていたのは体つきが変だった事
お腹が下垂していて前足が短く後ろ足が長い
脂性でフケ症
酷いあごニキビ

これは代謝異常によるものか
糖尿病の徴候だったのか特定は出来ませんが
多飲多尿を年相応の腎臓に由来するものと
思い込んで的確な治療が遅れた事は事実です
いずれにしても腎臓だと思い込まず
糖尿病を疑う事が出来れば
足が不自由になる事もなくもう少し長く
自由なCats Lifeを過ごせたのではないか?

ロブは私の繁殖ラインの血糖ではありません
だから体質も違っていた。。。。。

くすり

これは虹の橋から届いたロブからの言付けです


全て思い込みや過信しては行けない
過信する事無く
愛情をもった観察眼でその子の日々の変化に目を向け
治療が必要なら速やかに治療し
難しい病状に直面した時は(手術などを薦められた時)

思い込みが無い様に
もう一つ獣医を訪ねて
インフォームド・コンセントを受けてみて下さい


獣医さんは飼い主の観察による症状も含めて
病気を判断します
本当にその病気による症状なのか?

その手術の麻酔は温存して来た
大切な腎臓を悪くして寿命を縮める事かもしれません

その処置は弱った猫の身体に負担があるのみで
1日1週間一緒にいる時が長くなったとして
苦しむ時間を延ばす事になってしまうのかもしれません。。。。。

その子は静かに飼い主さんが見守る中で
慣れ親しんだ我が家で最後の時を迎えたのです


揺れるハート

皆様の猫ちゃんが健やかなCats Lifeを過ごます様に
いつも祈り
心から願っています

SoulLove!RussianblueCats
郷の人間の母Bluestar


揺れるハート

ぽちmini.JPG

犬(足)
ポチ宜しくでつ



ニックネーム ブルースター at 11:39| Comment(0) | ☆ありがとうぱ〜ちゃん☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

もう起きて下さい!

ぱ1.jpg















晴れ

参加してま〜す
よかったらSoulLoveニャミリーずも


160x70-thumbnail2.jpg

コチラにも参加しました!
ポチ宜しくでつ

モバペ|ペット人気ブログランキング

ペットの為のお薬検索や全国の動物病院など
お役立ち情報満載のサイトです


ぽちmini.JPG

犬(足)
コチラも変わりなく宜しくでつ

☆ありがとう ぱ〜ちゃん…‥☆
ニックネーム ブルースター at 14:54| Comment(13) | ☆ありがとうぱ〜ちゃん☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする