2012年06月28日

zackn@=鯉幟バルザック

猫(足) 当然の事が幸せだった迷惑だと思った事も幸せだった
この記事についてもう少し詳しく書きます

今年13歳になる息子
彼は私のブリーダーとしての第一歩を一緒に踏み出してくれた子です

彼と共に良きも悪きも沢山のブリーダーとしての事を学びました
ショーキャットっとして1シーズンを健康に安定した性格で走る事の難しさ
甘やかす事と愛する事の違い
近親交配で繁殖されて子を繁殖をする事の乗り越えられない悲しみ

キャットショーではジャッジ泣かせの
シャイで扱いにくいキレるロシアンブルーという猫の本音

本当に数えきれない沢山の事を共に歩みながら
教えてくれてたバルザック‥‥
愛するザックンです

ご存知の方もおいでだと思いますが
私のメルアドは zackn@ から、どのメルアドも始ります

PCを持ったのもロシアンブルーがきっかけでした
海外から最愛の娘のピリンのお婿さんを迎えたいと思った事からです
だからこそメールアドレスもブリーダーとしての
最初に我が家にお迎えしたバルザックンから zackn@としたのです

1週間程前から行き倒れの様に歩けなくなってしまったザックン
12歳を過ぎた今年の初め頃から
めっきり食もおちて痩せてしまって
老け込んでしまったザックン


先週の初めにとうとう動けなくなってしまい
みると黄疸もかなり出ていて
虹の橋の子達がお迎えにくるの‥‥?
そう思いました

直ぐに獣医に連れて行って輸液それと抗生剤の注射
これで改善しなければ何も出来ない

肝臓は1歳代の頃から数値は良くなかった
この子の弱点だと肝臓には気をつけていましたが
13歳になる年にとうとう…‥
感染性の肝炎などなら抗生剤で好転することもあるが
高齢の肝機能の低下にはなす術がなくこの子の生命力に期待するしかない
食事が出来れば一筋の希望がもてる‥‥と獣医さんからのお話でした

調べましたが
やはりその通りでした

一つだけ見つけたホリスティックな方法
ビタミンCの大量投与1日1500mlを与える

同時に肝臓には悪くても一時的にでも
食欲を出させる為にステロイドも与えました
ホリスティック療法には相反するやり方だけど
急を要したのでステロイドも使いました

水すらも口にせず何も受け付けなかったのに
不思議とアスコルビン酸を混ぜたすっぱい水をスポイトで与えるとゴクゴク飲むのです
これを食欲が出て本猫が食べる気力が出るまで続けろと本にありました

続けてみました
風邪も悪くなっていたのか膿状の鼻水も出てきました
(彼は元から風邪をひいて我が家に来ましたので常に風邪のケアーも怠りませんでした
でもサプリなどでコントロールして悪くなる事はあまりなかった
季節の変わり目にアレルギー?も加担してくしゃみがでる事はありましたが‥‥)
この風邪は抗生剤で収まる事を期待して
肝臓に考慮した高タンパクで低脂肪のドライフードを
薬を飲ませる様に1粒づつ飲み込ませて
ビタミンCの水を飲ませる
本猫が欲しいだけ水は1日に何回も続けて
10粒程のドライフードを吐き戻さない程度の数を与え続ける

すると4日目あたりから
なんと!
病状が改善してきたのです
良い便と尿が4日振りに出て
自力で食べる様になってきて

今も疲れてしまうのでケージで暮らしていますが
ご飯も食べる様になって快便快尿が現在まで続いています
ケージの扉が開いていると自分から出て来ます

もう少し時間を下さいという願いが
猫の神様に届いたのかな…‥

動揺させてはいけないと思いながらも
ついウッカリ涙を浮かべて
約束したじゃんバル!20歳まで生きる!って約束したじゃん
これじゃ〜嘘つきじゃん!って言ったから…‥
私が取り乱してしまったから?
    この人をまだ置いてはいけないと
バル頑張ってくれているのかな

P1010020.JPG

この頃の私は今より遥かに若いけど
バルは私よりも、もっと若い






私もすっかり年取ったけれど
バルはもっともっと年取ってしまった‥‥

猫の神様
ありがとうございます
頂いた時間を大切に大切にします
ありがとう


揺れるハート黒ハート揺れるハート



揺れるハート黒ハート揺れるハート


モバペ|ペット人気ブログランキング

揺れるハート黒ハート揺れるハート


ペットの為のお薬検索や全国の動物病院など
お役立ち情報満載のサイトです

揺れるハート黒ハート揺れるハート

ぽちmini.JPG

犬(足)
ぽち宜しくでつ

ニックネーム ブルースター at 16:07| Comment(0) | □高齢の猫ちゃんへ□ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

当然の事が幸せだった迷惑だと思った事も幸せだった

いつも通りに料理の邪魔しにきてホネ
  じゃまじゃま!

いつも通りにブラブラ歩きしてポイントで吠えてマーキング猫(笑)
  うるさいよ〜臭いよ〜!

いつも通りにトイレ以外でフン
   どうしてココでするかな

いつも通りに食事をしていると執拗に来て
くれとねだる猫(足)
   超〜っ迷惑!
でももう
ねだりに来ない…‥

一服していると傍らに来て撫ででって…‥
でももう
もう来られない…‥

悲しい
あと何日一緒にいられるの…‥


揺れるハート黒ハート揺れるハート



揺れるハート黒ハート揺れるハート


モバペ|ペット人気ブログランキング

揺れるハート黒ハート揺れるハート


ペットの為のお薬検索や全国の動物病院など
お役立ち情報満載のサイトです

揺れるハート黒ハート揺れるハート

ぽちmini.JPG

犬(足)
ぽち宜しくでつ

ニックネーム ブルースター at 15:19| Comment(0) | □高齢の猫ちゃんへ□ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

チビタン輸液大作戦成功!

注射猫(笑)注射

14歳のチビタンが便秘→吐き気→血尿に至り
抗生剤&消炎剤&吐き気止め入り皮下輸液を初めて14日目です
いつものチビタンにもどって快調

IMG_3741.jpg

IMG_3729.jpg

しかも〜輸液中も
いいこ

IMG_3739.jpg

両手離しで写真撮影する
余裕すらあるのです

IMG_3721.jpg

チビは1階のリビングに住んでいるけど
輸液は2階のナイルちゃんの部屋でします
抱っこしてキャリーの前に連れて行くと
何故か自分からキャーリーに入っていくチビタン
ほんといい子なんです

IMG_3745.jpg

チビの視線の先にはナイルちゃん

IMG_3734.jpg

輸液中はケージで待機のナイルちゃん
顔が怯えてます…‥

IMG_3724.jpg

入れると沁みるビタミン剤が無いので楽です
抗生剤と消炎剤&吐き気止めは沁みない様です
だから、きっちり規定の量を入れたいので
最初に入れています
ちなみに
沁みる薬剤は輸液残り10ml以下になって
輸液中沁みるのは可哀想なので
最後に入れてあげます

注射猫(笑)注射

これで1クールの14回分が済んだけど
念のためにあと7回
3週間の投与ってことになる

IMG_3735.jpg

あたしは絶対に遠慮します
針さされるなんてまっぴらゴメン






余談ですが…‥
以前に産後の疲れが出た胡桃に
輸液をしてあげようとしたのですが

凄い剣幕になって怒りだして
出来なかった事があった
もっと疲れさせた感じになったよ

顔(汗)

チビも若い頃はワクチンの時
そのぐらい怒ったのに…‥

やっぱ〜年なんですね
でも獣医に係ったので今年はチビタンも表彰されるね

揺れるハート顔(ペロッ)揺れるハート



揺れるハート黒ハート揺れるハート



モバペ|ペット人気ブログランキング

ペットの為のお薬検索や全国の動物病院など
お役立ち情報満載のサイトです


ぽちmini.JPG

犬(足)
ぽち宜しくでつ

ニックネーム ブルースター at 22:01| Comment(0) | □高齢の猫ちゃんへ□ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

チビタン大丈夫みたい!

注射猫(笑)注射

14歳(74歳)のチビタンの様子が変になって
治療を始めたのですが
高齢なので色々心配もしましたが
抗生剤(ヴィクタス)と消炎剤と輸液100mlを毎日する事4日目
今まで通りの変わりないチビタンになっています

寒さとストレスだったのかな
ストレスは絶対にあった筈
我が家は2Fの女子部も1FのノマドもR18地帯に突入
チビも無理強いされて逃げられなくて
ノマドの誰かさんに襲われてたのです〜翔…‥
翔は晶ちゃんに乗り換えてくれたので良かったけど
翔の好みは白っぽい子みたいです…‥
確かに過去に浮気事件の時も…‥
はやり『色白ぽっちゃリ美人』だったし
本妻のピリンも白かったと思う
確かにチビも白いよ(当たり前じゃんシールリンクスポイントだもん)
晶ちゃんも1Fではチビの次に白いかも〜っ
いちを〜好みってのがあるのか…‥汗

そして太一は叫ぶし〜兄ちゃんも叫ぶ←でもこの2ニャンはペアーで
禁断の世界に浸ってますけど

おば〜さん&おじ〜さんにとっては落ち着かないよね…‥
絶対にコレっストレスになったよ

ま〜しかしチビが持ち直して良かったです
まだ〜6日分っ残ってるけど
1クール2週間だから
あと〜10回は抗生剤で膀胱内の菌を徹底的に叩いておいた方が良いと思うから
ふ〜獣医代が大金になりそうです
そして毎日の輸液…‥緊張する

毎年のワクチンで獣医さんがこの子は凄いな〜っとその凶暴振りに
てこずる子だったのに…‥
私がすんなりと〜輸液の針を刺せるって…‥
年なんだって悲しいです

揺れるハート黒ハート揺れるハート



揺れるハート黒ハート揺れるハート



モバペ|ペット人気ブログランキング

ペットの為のお薬検索や全国の動物病院など
お役立ち情報満載のサイトです


ぽちmini.JPG

犬(足)
ぽち宜しくでつ

ニックネーム ブルースター at 01:32| Comment(0) | □高齢の猫ちゃんへ□ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

チビタンが…‥

ちびたん白子と一緒に.jpg

チビタンは主人と一緒に迎えた最初の娘
もう今年で15歳です…‥
身体の衰えは隠せません
神様がブリーダーの命だから今まで目が痒くなるアレルギーと前記事で触れた
ストレス性の胃炎くらいしか病気では
獣医にかかった事がありません

チビタン白子と一緒に2.jpg

野生の様な子だったチビを1ヶ月かかって餌付けして
我が家の子にしました
最初に白血病と猫エイズの血液検査
寄生虫の駆除と避妊手術とワクチンで獣医さんにお世話になって以来
毎年のワクチンだけだったのに…‥

ちょびたん.jpg

9日の夜中から調子が悪くなってしまいました
最初は便秘で固くなった便が出なくてトイレに入ったり出たり
吐き気もある
力むから尿も垂れ流し
部屋の中を暖かくして様子を観ながら朝を待って
一番で獣医に連れて行きました
血液検査と尿検査とレントゲン
血液検査と尿検査では感染が何かある
レントゲンには腫瘍なのか固くなった便なのかが写っていました
抗生剤と吐き気止めと消炎剤の注射と皮下輸液で1日程様子を見ていると
固くなって毛の絡まった小さな便を出してご飯も食べるしその後便も尿も出る

獣医嫌いのチビタンですから
出来るだけ通院は避けたいと思い
次の日は自宅で様子を観る事にしました

*注釈*悔やまれるのはこの時点で様子を観ずに
血液検査の結果と尿検査の結果に感染症がある事が確認出来ていたのだから
万全を期して膀胱炎の治療を抗生剤と消炎剤で続けているべきだった


1日半ほど落ち着いていたのですが12日の夜中から
今度は鮮血の血尿が…‥
血餅のような物ものも混じっています
幸い女の子なので詰まらずに出せましたが…‥

再び朝を待って獣医さんに直行です
治療方針は15歳という高齢なので無理な事はせずに
この先の何年か…‥気丈で女ボスだったチビらしく
少しでも楽しく過ごせる様な治療をお願いしようと思っています

一番の願いは…‥大きな病気では無く
高齢による免疫力低下による感染による膀胱炎であって欲しいと願っています
このまま縄張りから出る事を極度に怖がる子なので
自宅でも皮下輸液と抗生剤+吐き気止め+消炎剤の注射を続けてみます

チビたん.jpg

ちび〜〜〜頑張ってね!
私の娘になった時20年は生きるって約束だったよね!

高齢の猫ちゃんの場合は様子を観ては駄目です
高齢の為に体力が落ちているので
早急に対処する事が大切です
手遅れになれば治った病気も治せなくなって
深刻な事態になりますからね

念のためにって念頭において普通よりも早く普通よりも長く
私の後悔の様にならない様に万全で!



揺れるハート黒ハート揺れるハート



モバペ|ペット人気ブログランキング

ペットの為のお薬検索や全国の動物病院など
お役立ち情報満載のサイトです


ぽちmini.JPG

犬(足)
ぽち宜しくでつ


ニックネーム ブルースター at 14:42| Comment(3) | □高齢の猫ちゃんへ□ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする