2009年05月16日

ワクチン細胞性免疫と体液性免疫

IMG_3584.jpg

今回ブラぴに接種した生ワクチンの事を
覚え書きに残しておこうと思って
フェロセルCVR説明書を読んでいて‥‥
生ワクチンでは細胞性免疫もと記載されていて
液性免疫も出来るのか!
これはど〜ゆ〜事だろと調べてみました


細胞性免疫とは抗体(Ig)の絡まない免疫のことで
Th1や単球、顆粒球が活躍する
体液性免疫とは抗体(Ig)が絡む免疫のことで
Th2、B細胞が活躍する

わたしなりに理解した言い方をすると‥‥
生ワクチンで出来る細胞性免疫っていうのは
軽い感染によってウイルスと戦った末に
細胞がそのウイルスの殺し方を憶えて免疫を作る事

不活化ワクチンでは異物侵入として戦う
アレルギー反応みたいな感じで免疫抗体を作るので
血液に抗体を作る液性免疫が出来る(血清みたいなの)
細菌に感染したのではないので細胞性免疫は作られない



わたしなりに理解した回答は
生ワクチンも不活化ワクチン同様に
異物として弱毒化された細菌を身体が異物として反応するので
液性免疫も働いて両方の免疫システムが出来るってことですね

だから〜生ワクチンは弱った子や高齢の子にはキツいのですね

それでは
アシュバンドを使った不活化と生の混合ワクチンって
もっとキツい気がします
アシュバンドのアレルギー反応ってワクチン自体より
作用が大きいと思うんです
最悪患部が癌になってしまうくらいのアレルギー反応なんだから

それらがトリプルで身体が受けるダメージはそら〜〜大きい!

うう〜ん
生ワクチンの中ではアシュバンドを使っていない
フェロセルCVR等が一番安全なのかな

不活化ワクチンのフェロバックス3を通常は接種していますが
健康な子猫に接種した場合は接種後の元気減退は
生ワクチンのフェロセルの方が軽い様に思うんです

生ワクチンを接種したブラぴは
怠そうになる事も無くワクチン後も
全然変わりなく元気です
寧ろ不活化ワクチンを接種したぱ〜ちゃんの仔猫達は
怠そ〜でした
かといってピリンの腎不全を引き起こしたきっかけを作ったのは
生ワクチンでした‥‥
翔やわ〜ちゃんは風邪の症状が悪化して生ワクチン後に
風邪の治療をしました
過去の病歴にも関係してますね‥‥

でも〜シマは2回目の不活化ワクチン接種の後に
顔が腫れるアレルギー症状を起こしました

我が家は大家族の御陰で色々な事があるけど
直面したひとつひとつの出来事は
犠牲のない中で得られた大切なデータです

因に我が家の子にお迎えしたケロロ軍曹は
5種混合ワクチンを接種して我が家に来ましたが
何事も無く〜元気にしています‥‥
うう〜ん私もこんな丈夫なロシアンを
ブリーディングしたいです

生ワクチンの場合はウイルス株が便に排出されて
弱い子だったりすると手や足のグルーミングで口に入って
感染する事もあるので
接種後の2週間くらいは便の処理は速やかに


下記副作用について動物医薬品検査所から

フェロバックス3
フェロバックス5
フェロセルCVR

み〜くん1.jpg
赤ちゃんの成長記録を更新しています
ニャミラの赤ちゃん  Click猫(足)
ぱ〜ちゃんの赤ちゃん Click 猫(足)
レニちゃんの赤ちゃん Click 猫(足)



ぽちmini.JPG



ニックネーム ブルースター at 22:46| Comment(4) | TrackBack(0) | □ワクチン□ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

ワクチン後の満&ぱ〜ちゃん

ぱ〜ちゃん&満はその同腹の姉妹や兄弟の中でも
殊更ワクチンの影響を受けやすい個体だったので
今回も注意深く見守りました

ワクチンから1日が経過して
月曜日の夜も‥‥

親子復活0.jpg

ぱ〜ちゃんも
いまいちなのかな‥‥

親子復活1.jpg

今朝の6時いつもの時間
お約束の時間‥‥ 云うなればの時間でつ‥‥

親子復活3.jpg

心配には及ばなかった様で‥‥
私の寝不足
完全復活となりました

顔(え〜ん)

追記
ワクチンの免疫が付くまでの平均的な期間は1週間〜14日とみて
満は29日のキャットショーに行くので
16日に接種しました
念のための3回目のワクチンです
乾燥してウイルスの元気な次期なのでドキドキです
一緒に暮らしているぱ〜ちゃんも
移ると嫌なので一緒に接種しました
キャットショーに参加するのって
猫達の健康管理が一番厄介で大変です

一番効果的な接種サイクルは初期2回の後は
半年ごとに接種する事だと獣医さんに伺ったことがあります
現在満はこのサイクルになっています


ぽちmini.JPG



ニックネーム ブルースター at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | □ワクチン□ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

買い出しで。。。。猫エイズワクチン

買いだめ.jpg

買い出し行ったら思いがけないラッキーが
お米がお安いです〜〜!
期間限定販売の即席沖縄そばみっけ!
沖縄そば大好きなんです



注射しかしワクチン接種してきた
この面々は。。。。。

満はジャラシをくわえて
走り回る時間なのに
ぼ〜っとしちゃって目つきも虚ろ

満だる.jpg

ぱ〜ちゃんはこの状態で
寝っぱなしです

paだるおも.jpg

いつもの元気はどうした
怠重な〜感じで
毎度の事ですがワクチンの後は心配です‥‥
この後は恒例の年末行事
往診のワクチン接種大会が我が家で繰り広げられます
逃げ惑う面々が今年も手強そうです
無事にすみます様に‥‥

顔(え〜ん)

この日先生から情報を入手
注射猫エイズワクチン米国で認可注射
既に開発されているFIPワクチン(効き目は定かではない)を
差し置いてこちらは日本に上陸するらしい
大丈夫なのかな‥‥
白血病ワクチンとFIP発症の因果関係など心配は尽きないけど
このワクチンについても今後の成り行きと
真実のデータを追って行きたいと思います
よかれと思って接種したワクチンで
不幸な結果を招かない事を祈っています
詳しくはこちらを

臨床獣医師のための情報フォーラム


ぽちmini.JPG


ニックネーム ブルースター at 04:19| Comment(5) | TrackBack(0) | □ワクチン□ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

□ワクチン□

重い言葉.jpg
私の中でも結論が出ないままだけど
10年以上も前から年1回のワクチンに対する
アレルギー疾患や腫瘍に対する
警告は言われている


私もワクチン接種後の重大な副作用を目の当たりにして来た
シマの顔面の腫れ
キャンディの後ろ足が立たなくなった事と高熱
ワクチン接種部の酷い腫れ
ピリンの腎疾患
猫風邪の悪化
全身の震え(発熱)

実際毎年ワクチンは私にとって一大決心
またコンデションを接種までに整える調整が至難の技である
弱い子には接種後抗生剤と消炎剤と整腸剤(乳酸菌)を
与えてやり過ごす事もある
実際のところ腎疾患を煩ってしまったピリンには必要なのか?
疑問は多数である
今の私が実行している事は

□白血病のワクチンとクラミジアのワクチンを避ける事
□パルボ、ヘルペス、カリシ、クラミジア、白血病、の5種混合
+血液検査付きの製薬メーカー&獣医のタックを組んだ商業ペースにはのらない事!
□ワクチンは本当に健康だと思える時に接種する
健康でなければ良い抗体も出来ない
□ワクチンを過信せずワクチンすれば大丈夫ではなく
感染させない環境づくりをする
感染させない体力をつくる

詳しく書かれたサイトがあるので
下記にリンクしておきます
□結局ワクチンって何年に1度接種すればいいの?
□結局ワクチンって何年に一度接種すればいいの?
□アジュバンド
アジュバント (Adjuvant) とは
薬物の作用を修飾(増強)するために加えられる試薬のこと
ラテン語の adjuvare(助ける)に由来する……‥
このアジュバンドがアレルギーを引き起こし
癌性腫瘍の原因ではないかと言われている

【代表的なワクチン】
名前/タイプ/アジュバンド
■フィライン3/不活化/オイル☆ウチは基本的にコレを接種 
■フィライン4
上記にFelV (白血病ワクチン)が加えられた
■フィライン5
上記にクラミジアが加えられた
■フェロセル3/生/なし
初めて打ったこの生ワクチンで
ピリンが腎疾患を起こす引き金になった可能性がある
猫風邪のある子は必ず悪化する
■フェロバックス3/不活化/オイル
我が家のキャンディ足が立たなくなって獣医に駆け込んだ
■フェリドバック3/不活化/水酸化アルミニュム
副作用の症例が多い
■ビルバゲンCRP 3/生/なし
■リョウコゲン3/生/なし
■フェバキシン4/不活化/カルポキシビニール

ぽちmini.JPG

ニックネーム ブルースター at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | □ワクチン□ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする